〈最終回〉都構想がなぜ必要 それは市民が使える施設の選択

〈最終回〉都構想がなぜ必要 それは市民が使える施設の選択。「ワールドトレードセンター」と「りんくうゲートタワービル」のように、府と市が意地を張り合って多くの箱モノを作っては破綻させて、1兆6千億円以上の税金を溶かしてしまったのです。大阪都構想

「無駄な二重行政」とは何ですか

病院や図書館や保健所や体育館や大学が二つあることですか

それは市民が使える施設の選択肢が増えることで、むしろメリットではないですか ?
廃止された住吉市民病院においては、地域からは

「事実上、産科?小児科の空白地帯になった 廃止は間違っていた」と声が上がっています 〈最終回〉都構想がなぜ必要。説明を尽くすと言うが。大阪市の広報紙が露骨に賛成の立場で記述されていたと
の毎日新聞の報道もある。本当に中立でされる。「見解の違いです」で
強制終了させられる。ことか。それは大都市の住民が使える施設の選択肢が
増えることで。むしろメリットではないのか。前々回。廃止された住吉市民病院
に触れたが。地域からは「事実上。産科?小児科の空白地帯になった。

「ワールドトレードセンター」と「りんくうゲートタワービル」のように、府と市が意地を張り合って多くの箱モノを作っては破綻させて、1兆6千億円以上の税金を溶かしてしまったのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です