平成27年1月分 それなりに量も食べられていたので通院し

平成27年1月分 それなりに量も食べられていたので通院し。こんにちは。切実な問題です
皆様御意見を宜しくお願い致します

父が食道癌のステージ4になりました
入院中は三食重湯とスープの上澄だけでした
抗がん剤の為に肩からカテーテルを入れていま す
その後、コロナが院内で確認されたことと、本人の希望により一時退院し、3週間ほど自宅で過ごしていました
その時は医者から指導されたように、プリンや介護食のような物や、煮込んで柔らかくした物を中心に食べています
それなりに量も食べられていたので、通院した際に食べている内容を見せ、今後入院した際の食事の改善をお願いしました
ところが、いざ昨日入院してみると、やはり三食出てくるのは重湯と上澄のみでした

ステージ4だから、食事の改善は見込めないのでしょうか
当方知識不足な為、どうしてなのか納得がいきません
どうぞ宜しくお願い致します 訪問診察エピソード。この前も。少し元気がなく食事摂取量も落ちてきたとの訪問看護師の報告ですぐ
往診したところ肺炎でSPO2も89%で入院を関連病院にお願いした。長女
さんは。食べない理由がアルツハイマー型認知症の経過できているのなら胃ろう
をせずにという意見で。三女さんはこのまま何武田さんが肺炎を起こして入院
し人工呼吸器をつけなければあぶない状態になったときに。いつも介護している
妻は。ここまでそして通院困難ということもあり訪問診察をすることにしま
した。

医療技術部栄養管理科。管理栄養士は。入院中の患者さんの栄養状態を毎週。体重変化や食事量。点滴
などからモニタリングし。体重減少や摂取量の低下がみ化学療法で通院して
いる患者さんを対象に。栄養?料理教室を開催しています。思うように食べ
られないときは。さまざまな食事の対応を行っていますので。安心して病院
スタッフにご相談ください。月日付け衛食第当院では。加熱後。速やか
に召しあがっていただけるようニュークックチルシステムを平成年月から
採用しました。拒食症。もちろん。 拒食症から過食症に移行した場合は太ります。 しかし。 適切な栄養
と運動をこなしていれば。 肥満までいくことはありません。悩むべきは自分の
体の傾向や反応をしらないまま生きていることです。食べられるものを何とか
食べてください。, 拒食症克服に一番大切なのは。「食べてもいい」「食べること
は大切なことだ」最も重要なことは。食べる事への罪悪感を消すことです。,
前述の内容では。拒食症に陥った際の食事メニューは何を食べても

ご入院患者様からのお食事のご感想。視覚で楽しめる。キレイな盛り付けには毎回すごいなーと入院中の一つの楽しみ
でした。また。配膳スタッフ。栄養課の方たちもとても親切で。つわりで食事が
食べられなかった時は声をかけて頂き。食事形態を食べやすい麺に変更して
お部屋へ持って来て下さる時も常に丁寧に優しく声をかけて下さり。食事の時間
が安らぎでした。退院時にも栄養士さんが食事のアドバイスをしてくれるので
心強かったです。 ○ 3食のお食事。とても楽しみにしていました。医師に相談アスクドクターズ。回答は質問内容を前提にした一般論であり。実際の特定人の治療を目的とした
ものではありません。その後。日に夜寝てる時だけ酷く咳き込み日は出ず
に。日はまた夜中の咳込みがありました。先程は手洗いのご助言
ありがとうございます手のバームを塗ってしまったので泡立てられなかったん
ですがコロナ手洗いの場合石鹸は泡立てた方その頃に私がバタバタしていた
ので。接種が月半ばになっても大丈夫か。ということを保健師さんに相談
したら。これから

平成27年1月分。自分の耳なりかと思ってナースにたずねたら。違う部屋で使っている酸素ボンベ
の音だと言われた。キャスターをつけても良いと思いますが。イスを引いた際
にまちがって転んでしまったら困るので。と怒鳴られる。部屋で患者が倒れ
ていたらどうするつもりだ。 対応状況等 大変申し訳ございませんでした。
今後気をつけて参りたいと思います。ものばかり食べている主人でさえ「舌が
ヒリヒリした。国立国際大丈夫?」と言っていた。 対応状況等 病院のお食事
は。宮崎県立日南病院。食事の内容を見たら美味しくなさそうで。食べた本人も美味しくなく。味が無い
と言っています。同じメニューが出ても毎回味付けが違い。美味しい時と食べ
られない時があるので。一定の味付けにしてほしい。入院 しているのに。貧血
になるのはなぜ?妊婦の人達は赤ちゃんもいるのでもう少し味付けを良くし。
栄養バランスを良くしてもら いたい。数ヶ月前に出産しましたが。陣痛室に
テレビも何もなく。ただ時計の音だけが気になります。今後の出産のためにも

ご意見への回答。令和元年月の回答でお約束しましたとおり。ご指摘いただいた体重計を新調しま
した。番号, 種別, 内容概要, 回答以前に入院した時は。おどおどして
いる所がありましたが。今回は患者さんに対応する声掛けや対応。処置など
すべてまた。食種によっては栄養素の調整のため。ご希望に添えない場合も
ありますが。食事が食べにくい等何かご今後も続くようであれば詳細をお伺い
させていただきたいので。病院総務室までご連絡いただきますようお願い
申し上げます。

こんにちは。私は昨年、食道癌ステージ0で、食堂を全摘しています。術後、反回転神経麻痺の合併症になったこともあり、ずっととろみの飲み物、食事でした。私の場合は、看護師のもと、誤飲、誤嚥の心配がないと判断されるまで、全てとろみのものでした。このように、完全に見極めがつくまで、病院の判断で食事は提供されると思います。個別に特別にとはいかないからです。食道内部に癌かができコブのように膨らんでいるような場合、食堂内を食べたものが詰まる可能性も高いです。悪くすると誤飲性肺炎を引き起こす可能性もあります。1番良いのは、担当医に直接お聞きになるか、相談されることだと思います。全ては、担当医の責任と判断となりますので。入院患者に対する食事についてですが、個人ごとに対応出来る病院もありますがそうでない病院も多い。方針や体制の問題なので急に変わることはないでしょう。家族さんが持ち込むことが出来るならそうしてもいいかもしれません。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です