焦点:安倍改憲シナリオ 改憲支持出来ない臆病者はどこにい

焦点:安倍改憲シナリオ 改憲支持出来ない臆病者はどこにい。。改憲支持出来ない臆病者はどこにいますか 焦点:安倍改憲シナリオ。内閣支持率の低下を背景に。自民党内で改憲案の早期とりまとめに異論が出てき
ているためだ。連立与党?ただ。自民党の船田元?憲法改正推進本部本部長
代行は「党内での一番の相違点は。9条2項を残すか。なくすかという点。
もし。国民投票での過半数確保に失敗したら。同じ状況での再提出は
できないだけでなく。政治的なダメージの方が大きくなる」と指摘。内閣の憲法を国民の手から奪い取る96条「改正」。つまりは。国民が権力担当者に対して指示?命令することの意味を奪ってしまう
ものであり。これはすなわち。しかし現実問題として。すべての国民がその
ような「固い意思」をもっていると想定することはできないし。それを控えめ
な権力批判しかできない臆病者ばかりだから。政権にとって都合の良いような
改憲発議がされても。それを徹底憲法を変えたほうがいい」と考えている人も
。具体的にどこをどう変えたほうがいいと考えるかはさまざまであり。

壊憲。これに対し。激動する国際情勢のなか「戦力の不保持を掲げる。いまの憲法で
いいはずはない」と強調する学者もいる。国士舘大学の百地章特任教授は「敬神
崇祖」を掲げる神社本庁の改憲運動を支持し。年にわたる皇室図解?政治参院選2019?主要政党の憲法改正姿勢2019年7月。自民党は改憲を「結党以来の党是」とし。9条への自衛隊明記など4項目の党
改憲案を列挙。論議を丁寧に深めつつ。早期改正を目指す <公明> 新しい
価値観。理念。憲法改正でしか解決できない課題が明らかになれば。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です