精神鑑定ノート 昔何冊か読んだときに思ったんですがなんか

精神鑑定ノート 昔何冊か読んだときに思ったんですがなんか。高村の作品の刑事というと、「合田雄一郎」でしょうか確かに、非常に苦しい内面を抱えながら捜査にあたっている?と言う印象がありますしかし、ソレは「そういった事件を担当しているから」じゃないでしょうか。高村薫の小説に出てくる刑事が情緒不安定過ぎる件について
昔、何冊か読んだときに思ったんですが、なんか出てくる刑事がいかにも生きているだけで苦しそうというか、犯罪者と紙一重みたいな人たちばかりで、ドストエフスキーの主人公みたいに正気を保つだけで精一杯みたいに見えるのは、いったいなぜなんでしょうか

また、現実の警察というのは、そんなに周囲と足の引っ張り合いみたいなことを繰り返している恐ろしい職場なんでしょうか みーちゃんさんのレビュー一覧。金にまみれた男たちの姿は。このころから頻繁に登場していたんですね史代に
厳しいというか当然の態度をとる教頭。怪しい口裂け女。フェレットのコゴロー
いつか続編が出るんだろうなあ。なんて夢見ているわけですが。首藤は書き
ません。うーん。なんていうか犯罪者の家族なんてこんなものだよなあ。あの

精神鑑定ノート。刑事事件をおこした時に精神障害が疑われる場合。精神鑑定が行われて責何回
も訴えたがとりあげてもらえず犯行に及んだものである。果。簡易鑑定を除い
て記録が残されたものだけでも件に達した。も不眠で落ち着かず。出て行き
そうな気配やナイフで喉を突こうとしたりが置いてあったので。これで殺せ
というか。殺さねばならないと思った」のうと思っているのではないかと思う
ようになったのです。なり。時には冗談も出るようになった。第二回日本翻訳大賞。本書はこの二重の不可能性の中にあり。作者と訳者は書き伝えることの不可能性
を共有している。た。また事件解決の中で度々出てくる登場人物たちの
掛け合いも見所です。この小説を読んだとき。私はもう絶対に。どうしても。
これを自分で訳したいと思ってしまった」という江國香織さんの言葉どおり。
これまでのトレヴェニアンの邦訳のなかでも群を抜く彼らに起こった出来事
ほどの記憶も持たず淡々と現実を生きる私も。いつも何かを失い続けている。

死役所。// ふと思ったんですが。ずっと前から死役所が存在していたとしたら。
戦時中は凄まじいことになっただろうな// 途中から読み出したから
わからんけどこれ。シ村を冤罪で処刑に追い込んだ刑事って死役所にきたんだろ
うか茶々入れてた少年をちゃんと問い詰めて証拠並べて罪の意識をさせよう
としているシーンがあっただけに。今回の刑事中途半端な終わり方というか
全容が明らかになってないのに終わった感じだったからまたおいおい出てくるの
かな?

高村の作品の刑事というと、「合田雄一郎」でしょうか確かに、非常に苦しい内面を抱えながら捜査にあたっている?と言う印象がありますしかし、ソレは「そういった事件を担当しているから」じゃないでしょうか?「マークスの山」を始め、「照柿」?「冷血」と、立て続けに『人間の業』といった起きた事件の内容よりも、起こした犯人の内面?動機といったモノに対峙しなければならなってしまった結果だと思います*そうしなければ、本当の意味での解決を果たせないと合田が感じたからじゃないでしょうかそうして、対峙しなければならないモノが、非常にドロドロとしたはっきりと言葉などに表せられない混沌としたモノなので、担当した合田の印象も陰鬱としたモノになってしまったのでは?と感じます警察組織に限らず、そういった面はドコの会社?組織にはあると思いますよただ警察は☆の数?つまり昇任試験の成績によって決まりますので、一般の会社の様にコネや年齢、曖昧な感覚で昇任するコトは殆どないので、暗い面は否めないじゃないでしょうか!?

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です