間違えると恥ずかしい あると思うのですがどちらが正しいの

間違えると恥ずかしい あると思うのですがどちらが正しいの。回答者のみなさまが。お墓についての質問です

お墓は、本人が生前に購入しておくケースと
その遺族(子供)が親の没後に購入するケースと
あると思うのですが、どちらが正しいのでしょうか もしくはどちらのケースが多いでしょうか
お詳しい方、よろしくお願いします 商品説明と写真が違いますがどちらが正しいのですかって英語で。商品説明と写真が違いますがどちらが正しいのですかって英語でなんて言うの?
「商品説明にはバックポケットにプリントがあると書いてありますが。写真には
ありません。どちらが正しいのでしょうか?」 と質問したいの「どちらが正しいですか」に関連した英語例文の一覧と使い方。どちらが正しいか確認していただいてもよろしいですか。例文帳に追加
? – 例文集 それはどちらの表現が
正しいですか?例文帳に追加 ? –

「お間違いないでしょうか」の意味と正しい使い方?敬語表現。間違いがないのかを確認するときに使う言葉のつである「お間違いないでしょ
うか」。実は正しい敬語ではビジネスシーンで「お間違いないでしょうか」を
使う際の正しい表現は?当たり前ですが。どちらもダメです。間違えると恥ずかしい。文章の視点が「今」にあるにも関わらず。「翌週」が使われているからです
。この文章も「今」に視点を置いているので。「翌朝」と書くのは
おかしいです。次の①と②は。どちらが正しい表現でしょうか?例えば。て」+「いる」または「て」+「いく」の場合は「い」が省略可能ですが。それ
以外の場合は基本的に省略できないと思います。どちらが正しいですか文に「
い」はどの場合には省略出来ますか? しかも省略出来ない場合

「してる」と「している」の違い。今までは別に違いがあるんだとは思わなかったですが。このサイトの添削で。
ただの「る」が「いる」に校正されているのを見て。なんかルールとかがある!
と気づきました。あったらどんなルールがあるのでしょうか?どちらの敬語が正しいのでしょうか。ネットなどで会員登録すると。Bが目立つような気がするのですが。A
が正しいのではないのでしょ私はあなたが利用したことを私の利益になる
ことだと感じ有り難く思う」という意味を持った敬語である。

回答者のみなさまが 書かれているとおりだと わたしも思いますひとりっ子で家名を継がねばならない父と母 その間に生まれた長男のわたしは、ひとりっ子で家名をつがねばならない家内と 結婚したのですから、お墓をどうする、家名をどうする??悩みました。研究しました。お墓について、わたしからアドバイスしておきたいことは ひとつだけ。どうするか、早々と決めないことです。誰かが亡くなってから、ゆっくり話し合って決めればいいんですよ。お骨は、その間、家で安置、またはお寺で預かっていただけばいいんですから。少子化のいまの時代、お墓をつくっても、すぐに承継することができなくなることだって、あるわけですから。樹木葬や散骨、永代供養墓、など、選択肢が多いです。承継できなくてもよいから、形になるものお墓がこころの支えになるのでしたら、つくられるとよいです。あなたが、あなたの大切な方と、楽しく話をして ゆっくり決めることこれが いちばん たいせつなことだと 思います昔は、本人が生前に墓地だけ買っておくケースが多かったです。もしくはすでに先祖代々の墓がある。どっちが正しいという問題ではありません。現代は、墓じまいして墓を造らない人が増えています。歴史的に見れば、①大昔は個人個人の土葬墓でした。②江戸時代に幕府が檀家制度を始め、墓が寺に取り込まれてしまいました。キリシタン弾圧などが目的です。③制度は明治に廃止されました。でも寺に墓がある人はなかなか抜け出せませんでした。④人口が増えるにつれ、土葬の敷地もなくなり火葬が一般的になりました。そうすると省スペースなので「先祖代々の墓」という新商品もできました。⑤現代では、子供が故郷を離れ、故郷の墓は「負の遺産」です。また自分の子供も孫もどこに住むかわからない。自分の墓を造ることさえ、躊躇する人が多いです。これからどうすべきか?供養とは。人は2度死ぬと言われています。1度目は肉体の死、2度目人の記憶から消えた時です。故人を忘れない。時に故人を思い出すことこそ最大の供養です。昔は墓が「故人の象徴」でした。その後「位牌」が発明され、現代では「写真」がベストです。写真があれば、墓は不要です。火葬後、遺骨を引き取らなければ、それで終了です。「骨を拾って、墓を造れ!」というのは、葬式産業の商売に過ぎません。夫婦一緒に亡くなるのは滅多にないので片方がなくなった時に配偶者が建てる事が多いそうですが、長男が建てる事も多いそうです。自分の墓くらい、用意出来ないと恥ずかしいですよね。どちらも正しいです。決まりは有りません。どっちが正しいか、どっちが多いかはわかりませんが本人親?が作っておいた方がいい気がします。もし本人に資産が多めにある場合で死んだら相続税がかかりそうな場合には、本人が作っておけばその分相続遺産から差っ引かれるので相続税対策になります。死ぬ前にお墓をつくるのは縁起がいいとされています。死んでから慌てて墓地を探したりお墓を注文すると、どうしても急いでしまうので合い見積もりをとったりする余裕も少なく、立地等の希望条件をあきらめたりしがちです。死ぬ前に、時間の余裕があるときなら、いろいろと探したり比較したり合い見積もりを取ってみたりとか価格交渉したりとか、じっくりゆっくりできます。生前であれば本人の希望が必要十分に反映できます。人によってお墓なんかにお金かけなくていいとか、永く残すモノなのでお墓ぐらいは無理ない範囲で立派なモノにしたいとか、洋風とか和風とか無宗教風とか、黒い石がかっこいいとか、。本人が死んでから遺族が建立すると、つい必要以上の部分でお金をかけてしまったりします。遺族間でのもめ事が減る。誰がお金をだすかとか、誰の家に近いとか遠いとか、だれがその面倒な手配をするかとか、、、調整が結構面倒。間違い、正しいは有りません。自分で用意して置きたいな先に買っておけば良いし、死んでから、後継の方が買っても構いません。どちらにしても高い買い物は間違い無いですね。その家族の事情にもよるのではないでしょうか我が家は主人が3歳の時父親がなくなりましたがお骨は本家義父の実家のお墓に納骨されていました私と主人で霊園にお墓を購入して移して納骨しましたその数年後に義母も亡くなり義父と義母が納骨されています義父がずっと健在であったら多分お墓は用意していたと思いますがなにせ亡くなるのが早すぎたので私と主人で購入しました家族構成や状況で違うと思いますよ私の両親は先祖代々を継いでいるので土地はあります。その墓地にはすでに両親が入るお墓が建ててあります主人の両親は先祖代々のお墓には入る事ができません。義父が亡くなった時に、義母がお墓を建てました。……が、費用の8割は長男が捻出しています※ 義母は義父と一緒に納骨しています私の主人は数年前に他界しています次男という事もあり主人の両親と一緒のお墓には納骨ができませんまた45歳という年齢だった為にお墓の準備もしていませんでした。私は今後の事も考えて、お墓を建てずに合同墓に納骨をしました。子供たちには私が死んだ時は主人と同じようにお墓は建てずに合同墓に埋葬して欲しいと伝えています。このようにそれぞれ違います。……が、いずれも子どもがお墓の準備をするのではなく親が準備をしています。ただ、、、両親?義両親?私、、、いずれも子どもから見て父親と母親の「両親」が揃っています。だから、子どもではなく「配偶者」がお墓の準備をしています。今の時代、、、離婚をしている人は珍しくありません未婚のまま出産をしている人だって多いですつまり、、、シングルで子育てをしているご家庭は普通にいます。子育てや日々の生活で精一杯でお墓の事まで手が回らないのが本音ではないでしょうか?自分に何かあった時「配偶者」はいないので、遺族である子どもがお墓の事を考えないといけない状況になるかと思います。今は生前に用意する人が増えてるけど、あくまでも最近の話です。亡くなってから用意する方や先祖の墓に入るという方が割合としては多いんじゃないでしょうか。田舎なら殆ど先祖の墓に入るパターンでしょうし。自分の墓を用意するなんて縁起悪い!と考える方は多いですしね、なかなか自分のお墓をってはならないです。うちも父が亡くなってから急いで探しました。それ見て義実家は自分の墓探してました笑身近に起きないとなかなか思いが至らないですね、だから生前に用意する人は増えないんだと思います。こういうのは。本人が生前にお墓を買う場合が多いと思います。先祖代々のお墓の横に亡き母親が。お墓ってかなりお値段が張りますので子供達に負担をかけない様にの心使いかな。我が家は、爺さんが亡くなって、婆さんが買いました。このケースが一番多いんじゃないかな。先祖代々のお墓もある人いますよね。本人が生前に購入した方が、残された人たちの負担が軽く済みます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です