障がい者制度改革推進会議 女性社員なんていらない派遣社員

障がい者制度改革推進会議 女性社員なんていらない派遣社員。会社を経営、もしくは管理指導する立場になればわかります、女性が多い職場で有名な資生堂では子供が居る女性を優遇した結果、独身女性から苦情が来ました、普通の会社は男性が多いケースが多く、その場合男性は相手の事を考え仕方がないと思い、その女性の分も仕事を請け負います、ですが管理する側から見れば、男性に負担がかかっているのが仕事量?残業を見ても現れその負担を減らすのが仕事になります。女性社員なんていらない、派遣社員で十分と言ってた男いましたが、なぜそういう女性差別するのでしょうか 『ジェンダー研究のこれまでとこれから』。先生。よろしくお願いします。 江原。皆さん。こんにちは。ちょっと風邪をひい
ておりまして。夏風邪で。2週間ほど前に関東社会学障がい者制度改革推進会議。関西大学社会学部の加納恵子です。今日はよろしくお願いいたします。 私の部分
は。今日のレジュメ。資料1にございますけれども。「障害者差別と福祉確認の際によく指摘される項目。周りの女性だけでなく。男性にも読んで欲しい本です。日本でも同じようなこと
がたくさんありますし。私自身は。教育の機会も弟と差別され悔しい思いを経験
してき

会社を経営、もしくは管理指導する立場になればわかります、女性が多い職場で有名な資生堂では子供が居る女性を優遇した結果、独身女性から苦情が来ました、普通の会社は男性が多いケースが多く、その場合男性は相手の事を考え仕方がないと思い、その女性の分も仕事を請け負います、ですが管理する側から見れば、男性に負担がかかっているのが仕事量?残業を見ても現れその負担を減らすのが仕事になります。貴方には女性差別に見えているのでしょうが、現実は男性に負担を強いる男性差別ですあなたはね、社会の現実を知らなすぎる。女性ほどわがままだ。女は魔性のもの。この言葉がわかりますか?既婚男性に平気で手を出す。残業しない。女性のわがままな要求は男性よりひどい。そんな女性のわがまま→男性がもっと働け??どうして女性がここまで働かなくちゃいけないの?女性差別だ!と、わがままなんだから。だから、女性は派遣で十分だなる人間がいてもおかしくない。ゆとり世代の男性自体も下らん女性化してる。日本の本来の現実をみてる人間なら、誰しも思うんだよ!女性が働けば、男性が結婚出来なくなり、少子化が進む、更に女性が偉くなれば、子供が産めない男性の立場が無くなる。こんな一辺倒の未来しか想像出来ない男性ではないかと思います。勝ち取った正社員という安定を守るには、上に忖度し、同調圧力で周りを制して、ホドホドにサボりながらも、下克上の無い安定した立場を構築すれば良い、みたいな未来図を描いていそうですよね。その未来図には、肩を並べる男性はいても、同じステージに立つ女性はいないのです。彼らにとって、女性とは性的な存在でしかなく、ハニトラで身を滅ぼさないように警戒したりと、リスク以外の何ものでもないのでしょう。その他に、ブスで結婚出来ずに働いてきた女性などは、仕事は出来ても女として見れないので、気に食わなかったりするのでしょう。家では、母親を下に見ているのでしょうから、女性に指図するのが男性で、逆に女性の下につくなどプライドが許さないのでしょう。一緒に仕事をすれば同性、異性に関わらず、面倒な事はありますが、個人的な女性に対するマイナスのイメージを過剰に抱くのでしょうね。私の職場には「死ね」と叫ぶ病的な男性や、女性の顔を見れば「ウザイ」という失礼な男性がいますが、もう、気がおかしい人にしか見えないです。こんな女性云々いう男性を見ていると、結局、自身のメンタルが弱いのを、色々な理由を付けて女性に、なすり付けているとしか思えないですね。自分より下だと思える人間が居るだけで、最下位じゃないって安心できるのかもね。世の中の差別主義者はみんなそうかもしれないけど。女って人類の約半分だから、それだけで半分以上の順位になったつもりなんじゃないかな。女性社員が全然仕事しないので耐えかねて指摘したら痴漢の濡れ衣で2年ほどムショに入ったのかも

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です