1票の格差 一票の格差は何倍未満までなら違憲と判断されな

1票の格差 一票の格差は何倍未満までなら違憲と判断されな。衆議院で3倍、参議院で5倍だったと思います。一票の格差は、何倍未満までなら違憲と判断されないんですか 一票の格差。「一票の格差」が最大1?98倍だった昨年10月の衆院選について。二つの
弁護士グループが「選挙区によって投票価値が違うのは憲法違反だ」として無効
を求めた計16件の訴訟の弁論が28日午前。最高裁大法廷…1票の格差。総務省は日。時点の住民基本台帳人口を発表した。日本経済新聞
社はこれに基づき。衆院小選挙区と参院選挙区の「票の格差」を試算した。現行
制度で衆院は年に比べて最大倍に拡大した。参院も衆院選「1票の格差」。去年月の衆議院選挙でいわゆる1票の格差が最大で倍だったことについて
。最高裁判所大法廷は。「投票価値の平等を確保するという要請に応えつつ。
是正を図ったと評価できる」として。憲法に違反しないという判決

3分で分かる司法の話:「1票の格差」訴訟。年月にあった衆院選の「票の格差」を巡る最高裁判決が日。最高裁大
法廷裁判長?大谷直人長官で言い渡されます。「票の格差」とはどんな格差
で。何が問題なのでしょうか。

衆議院で3倍、参議院で5倍だったと思います。参議院は6倍だったかな?なぜ参議院の方が大きいかというと、参議院は「地域代表」という側面があるからです。都道府県単位で代表を出すならば、人口が大きい東京や神奈川と、人口が少ない鳥取、島根、佐賀といったところとでは一票の価値が大きく異なることは避けがたいからです。一応、今までの選挙でも「違憲状態」という判断は出ていますよ。ただ、その違憲状態の元で行われた選挙そのものは無効ではないとされています。当然ですよね。選挙そのものが無効だとするならば選挙のやり直し、国会議員がいないという危機的状態となりますから。ヒト、モノ、カネ、権力、情報…何もかもが東京に集まるように作られている今の日本ですから、誰も彼もが東京もしくは近郊に住みたがるのは当たり前の話です。人口の偏りはこれからも大きくなり続け、一票の格差は広がる方向だと思います。日本そのものを仕組みから見直すという検討がなされないと、格差は広がり続けるでしょうね。一応、あるんですよ。格差をなくす方法は。全日本で1選挙区とするか、ブロックを分けずに全面的比例代表制にすればいいんです。中学校の公民でも習うと思いますが、これをやると日本中でキャンペーンを張れるお金持ちばかりが当選することになるので、格差が出ても選挙区を分けているというのが今の状況です。裁判でも毎回「違憲」と判決されていますがその意見判決選挙を無効にさせないように「違憲状態」ではあるがという都合のいい言葉で選挙結果は有効と毎度毎度判決されているのですその時の裁判官の判断であり、予め決まっているわけではありません。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です