4?09『得点の記録』 第3アウトが次のような場合にはそ

4?09『得点の記録』 第3アウトが次のような場合にはそ。回答が割れているようですねえ。公認野球規則において

4 09 得点の記録 【付記】 記録されない得点 第3アウトが次のような場合には、そのアウトに至るプレイ中に、走者(1?2にあたる場合は全走者、3に当たる場合は後位の走者)が本塁に進んでも、得点は記録されない

(1)打者走者が1塁に触れる前にアウトにされたとき

とありますが、このアウトとは、
A:打者走者が1塁に触れる前に、打者走者がアウトにされたとき
B:打者走者が1塁に触れる前に、打者走者またはその他の走者がアウトにされたとき

どちらの解釈が正しいでしょうか

おそらくAだと思いますが、例えば、
2死走者1、3塁で内野ゴロ、2塁に送球したがセーフ、3塁ランナーはホームイン
その後、2塁をオーバーランした走者にタッチしてスリーアウト
打者走者は転倒しており、1塁に到達していない場合
得点は記録されるでしょうか

スリーアウト後に1塁に送球し、第三アウトの置き換えは可能でしょうか 野球基礎ルール解説?タイムプレイとは。例外第アウトが次のような場合には。そのアウトにいたるプレイ中に。走者
。にあたる場合は全走者。にあたる場合は後位の走者が本塁に進んでも。
得点は記録されない。 打者走者が一塁に触れる前にアウトに

走者のルールベースボールモンスター。左回りに1塁。2塁。3塁。本塁の順にベースに触れて進む 打者はボールを打っ
た瞬間から走者となります打者その外側を走って守備の妨害や一塁への送球
が当たった場合はアウトとなります。ただし直接プレーに関係のない場所で
野手と接触すると。アウトにはならずに野手の走塁妨害となり1個以上の進塁が4?09『得点の記録』。付記」第アウトが次のような場合には。そのアウトに至るプレイ中に。ランナー
?にあたる場合は。全ランナー。に当たる場合は後位のランナーが本塁
に進んでも。得点は記録されない。 バッターランナーが塁に触れる前にルールを知らなければ損をする。例外第アウトが次のような場合には。そのアウトにいたるプレイ中に。走者
。にあたる場合は全走者。にあたる場合は後位の走者が本塁に進んでも。
得点は記録されない。 打者走者が一塁に触れる前にアウトに

5。例外第アウトが次のような場合には。そのアウトにいたるプレイ中に。走者
。にあたる場合は全走者。にあたる場合は後位の走者が本塁に進んでも。
得点は記録されない。 打者走者が一塁に触れる前にアウトにされたとき。2015。無死/死。走者塁。?塁。?塁又は満塁で。内野手が???飛球/????を
故意に落とした場合普通に捕れる飛球/????を?????に当てて落とした場合で
あり。身体に当てて落とした場合は??????ですので留意してください。打者
が捕手の送球動作を妨げた場合 打者が本塁で捕手の守備妨害 ,いずれも
走者が???になった場合は。妨害は打者が空振りし。?????の余勢で。その所持
する????が。捕手又は投球に当たり審判員が故意ではないと判断した場合は。
打者の

回答が割れているようですねえ。回答者がた、信用できる公的機関からの回答で意見が異なっているのですが、公的機関に口頭質問を行うと、設問状況が正しく伝わっていなかったり、向うからの回答を、受け取り側が少し誤解釈してしまったりすることがあります。私も公的機関に質問することはよくありますが、そのようなミスを防ぐために必ず文書質問し、文書回答をもらうようにしています。回答側も文書回答は煩雑なため「○○さん私は、電話でも大丈夫ですよ」とNPBで懇意にしている方からは言われているのですが、お手数をかけながらも文書でのやりとりをお願いしています笑。既出の回答者がたの回答については「第3アウトの後でも有利なアピールアウトがあれば、それを認める」という部分では一致していますが、本件における「打者走者が転倒のために一塁に到達できなかった」という事象が「アピールプレイになり得るか?」という点で意見が割れているのだと思います。まず、日本国内ルールにおいては打者走者の「一塁止まりにおける、一塁空過事例」においては、「空過」そのものを認めない空過と解釈しないというガイドラインが出ているため、質問事例においても「アピールプレイとして対応する」というのは少し無理な気がします。また、本件は、どんさんの記述にもあるように、3死時にボールデッドになるのですが、それを度外視したとしても、打者走者が明らかに一塁未到達のまま、ベンチに戻ったのなら、「走塁放棄」が適用されるべき事例であり、アピールプレイの対象にはならないと考えます。通常、ゲームにおいては、3死の瞬間にボールデッドとなり、以後のプレイにおいては、攻守ともに放棄するため、3死確定ボールデッド後に、攻守どちらかがプレイを続けても、他方がそれに対応する行動をとる義務はなく、その「継続行動」でアウトだセーフだというのは理不尽でしょう。従って、「3死後のアピールプレイ」というのは、3死となる前に発生した行為についてアピールするものであり、3死後に「起きるであろうプレイ」についてはアピールの条件を満たさない、というのが妥当な考え方であると思います。この規定の解釈方は「打者走者」が「一塁に触れる前にアウトにされた」ときなので「A」ということになります。また質問の状況が発生した場合は打者が一塁に到達していたかどうかにかかわらず「第3アウトの成立よりも前に走者がホームインし、得点を認めない例外には当たらない」という理由により得点は認められることになります。一塁に達していない打者走者に触球してアピールアウトにし、アウトを置き換えることはできません。これは1第3アウトの成立の瞬間にボールデッドの状態になるため、規則5?09cの規定により各プレイヤーはアウトになったり進塁?帰塁したり得点したりすることができなくなること2アピールプレイはあくまでも「攻撃側の規則違反を指摘し、アウトを主張して審判員の承認を得る」という性格のプレイであることが理由です。第3アウトの成立によりボールデッドになった瞬間に一塁に達していない打者走者は一塁に達することが許されなくなる一方で守備側も一塁に達していない打者走者に対する触球を試みて一塁ベースまたは打者走者の身体に触球する試みを許されなくなります。そして打者走者は「ルールによって一塁に達する試みの継続を許されなくなった」のであって、ボールデッド前に一塁を通過したが塁に触れ損ねて空過したわけではありません。打者走者には規則違反がないわけですから、第3アウトを成立させてボールデッドにしたあとに触球をしたとしてもアウトを認める理由がないのです。ちなみにこの取扱いは口頭ではありますが、NPBの規則委員の方に確認済みですまず、打者走者についてはAが答えです。打者走者がアウトになった場合と言うことです。次に第三アウトの置き換えはアピールアウトの場合に限って可能なため、ご質問のケースでは適用されません。よって第三アウトは二塁でのタッチアウトで確定していますので得点は認められることになります。Aが答えです。例に挙げていた質問のスリーアウトの交換はその場合はできません。あくまで打者走者の1塁まで到達するまでのアウトと他の走者のアウトは別問題です。当然「A:打者走者が1塁に触れる前に、打者走者がアウトにされたとき。」です。ご質問の場合、2塁ーオーバランでのアウトでしたら上記の理由に該当しないのでその前に生還した走者の得点は認められます。ですので、1塁空過による1塁到達前のアウトにしなくてはいけません。ですのでタッチアウトにしてもしっかりと「この走者は1塁を空過していました」とアピールしてアピールアウトしなくてはいけません。もしくは1塁ベースを踏んでもし2塁オーバーランでのアウトだったとしても、後で決められた時期までに1塁でアピールし空過によるアピールアウトに置き換えることも可能です。Aです。難しい規定ではなく、一塁での打者走者スリーアウトがあれば得点はない、という当たり前の規定。スリーアウトがタッチで終わり。スリーアウトで終わりなので置き換えは出来ません。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です