Fenrir&39;s VBEのオブジェクトコレクション

Fenrir&39;s VBEのオブジェクトコレクション。シートやブックそのコードのあるブック、標準モジュールについてはオブジェクト名で参照可能です。VBEのオブジェクト、コレクションの指定って、何でコレクション名("コレクションの中の一部の名前")なんてめんどくさい指定の仕方なんですかね 例えばworkbooks("workbookの名前")みたいに指定しますよね 普通に?というworkbookという情報さえあれば特定できるだろうにまどろっこしいなーと感じてます Fenrir's。っていうと一般的な使い方はどうもの『マクロでポン機能マウス操作
とかキー操作とかをマクロとして記録してくれるクラスモジュールの使い方
とかは他の人が細かく解説してくれていると思うなんて無責任な…これ
よって。同じ名前でいくつも関数をつくって場面に応じて使い分けるといった
ことが普通のオブジェクト指向言語ならできるしかもそのときは =
みたいな感じでやるんですが。ってなんなんですか? =
&#;&#;

指定されたコレクションのメンバーは存在しません。存在しないオブジェクトにアクセスしようとすると。指定されたコレクションの
メンバーは存在しません次の使用例は。作業中の文書に少なくともつの表が
含まれていない場合に。エラーを表示します。 コピー
コレクションのメンバーにアクセス
するとき ループを使用してコレクション内のメンバーを調べ。名前の指定
されたメンバーがコレクションに含まれるかどうかを判断します。コレクションとはCollection。コレクション複数オブジェクトの集まりの中から単一オブジェクトを指定
するには。 コレクションインデックス または。 コレクション
オブジェクト名 このように記述するのですが。 普通は。を省略し

VBEのオブジェクトコレクションの指定って何でコレクション名quot;コレクションの中の一部の名前quot;なんてめんどくさい指定の仕方なんですかねの画像をすべて見る。RangeとCellsの使い分けについて。一般的な書籍では普通に紹介されている書き方ですが。ちょっと強引な印象を
受けます。このように。変数を使う場合は。は変数を使わないセル
指定に使う。という使い分けを知っておくと不要な範囲の一部にローカルに
定義した名前を使用できます。列全体あるいは行全体を表す
オブジェクト。またはマクロの言語で単一のセルに名前を付ける文字列を指定
できます。ははは。って感じですが。これが私の頭の中での
オブジェクトの想像図です。

シートやブックそのコードのあるブック、標準モジュールについてはオブジェクト名で参照可能です。例:Thisbook.Sheet1.Cells1,1.valueDim temp as Integer: temp = Module1.Testa, bなど。また、インデックスを用いて取得する方法もありますが、これは順番に依存するのであまり使用機会はありません。ご存知のように、名前を用いてコレクションから取得することも出来ます。なぜそのようになっているかという理由は、それが最も便利だからです。そうした名前を用いた指定以上に読みやすい指定方法はありません。Sheet1.Cells1,1.valueというコードは、Sheet1 というオブジェクト名のシートが何かを知っている人でないとぱっと見でどのシートを操作しているのか分かりません。因みに Sheet1 というオブジェクト名はシート名ではありません。シートを追加した際に自動的に採番されますのでシートの表示順でもありません。良いコードの基本的な条件に、読みやすく理解しやすいという条件があります。コードの中でどのブック、どのシートを操作しているかを明示してあげるのが良いコーディングです。そのためにはコレクションから名前を指定して該当のオブジェクトを取得するのが最も理解しやすいコードです。Activesheet.Cells1,1.valueというコードを時々見かけますが、これはあまり良いコードとは言えません。はっきり言えばど素人コードです。どのシートがアクティブなのかをコードの読み手に考えさせるのはそもそもの間違いです。こういうコーディングをしている人は大抵の場合 Activesheet を頻繁にコード内で変えます。そうしないと複数のシートを扱えないからです。しかし読み手からすれば大変読みにくいコードとなります。ここでいう読み手とは、コードを書いた本人も含みます。数か月後にコードを修正しようと読み返す時に、こういうコードに出会えばイラつくこと間違いありません。シートやブック複数ある場合などは名前を指定してコレクションから取得するのが最も良い方法です。だからそうした機能が実装されています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です