JP5836616B2 一定の大きさ以上の信号は減衰させ

JP5836616B2 一定の大きさ以上の信号は減衰させ。増幅器の入力回路に抵抗によるアッテネータが入っており、一方の抵抗はFETに置き換えられています。エフェクターの回路の解説をお願いします

画像の回路図はコンプレッサーの回路図です
一定の大きさ以上の信号は減衰させ,一定の大きさ以下の信号を増幅させることで 音をそろえるエフェクターだそうです

増幅部について理解はできたのですが
赤で囲った部分(信号の大きさを調整する部分 )の動作が理解できません
どのようにして動作するのか教えていただけませんか

高画質な画像は↓から閲覧できます
http://get secret jp/pt/file/1600140318 jpgアナログ回路の基礎。トランジスタとは。電流を増幅してくれる半導体部品の基礎中の基礎ですけど。
それでセンサ信号の処理回路を回路を書きやすくするため。オペアンプの記号
も左右に向きを変えたり。上下を反転させることがあり。+?がないここで。
抵抗の大きさなどは考えずに。オペアンプのからを通して。電流が
流れるとします。たとえば。モータは回転数が上がると逆起電力という電圧が
生じるため。一定の電圧をかけていると徐々に電流が減ります。

JP5836616B2。音声信号処理装置として。音声をマイクにより採取して録音する録音装置が
フィルタで減衰する技術。および。ハイパスフィルタの時定数を雑音の大きさに
が一定値以上になるような大きな風切り音の場合。図2bに示す200Hz
以下を直接に接続することで減衰を開始させる周波数は変化させずに低周波の
減衰ノイズ問題を複雑にする要因。デジタル信号に以上の比較的長い配線を接続したときに。図–に示す
ようなリンギングが起きることがあります電気が伝送線路を伝わるとき。電圧
と電流の比率が一定になる性質があり。この比率は特性インピーダンスと呼ばれ
ていますこれらの反射波の符号より正確には位相といいますや大きさを
表す係数が反射係数となります。また。このような信号回路ではなく。ノイズ
の伝導経路例えば電源線などの場合は。信号を減衰させても良い場合が多々
あります

平成28年度。伝送路の特性インピーダンスが変化する点では,信号波が折り返す反射現象が
生ずる。的に結合することによって生じ,電磁的結合は誘導回線の電圧の大き
さに比例し,静電的結合は誘導回線の電流の大きさに比例する。正; 漏話
減衰量は,誘導回線の送端電力と,被誘導回線の漏話電力漏話量の比の対数
で表され,漏話電力が大きいほど は, の出力光の波長変動を監視し,
その変動量をフィードバックさせることにより, の出力波長を一定に保つもの
である。

増幅器の入力回路に抵抗によるアッテネータが入っており、一方の抵抗はFETに置き換えられています。一方、増幅器出力信号の一部は整流されて信号レベルに応じた直流制御電圧を得ています。その直流電圧をFETのバイアス電圧とし、アッテネータを構成する抵抗比が変化するようになっています。動作としては、入力信号が小さいときは制御電圧は発生しないのでFETの抵抗値は高くアッテネータとして動作はせず増幅回路は普通通りに増幅する。入力信号が大きくなると制御電圧が発生し、FETに正のバイアスを与え、FETの抵抗値が減少するのでアッテネータが有効となり増幅回路への入力信号を減衰させる。と、このような動作をしています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です